光回線の業者の人が高齢者の家を訪問し巧妙に契約させる手口が増えています

近年になって、光回線の業者の人が高齢者の家を訪問し、強引な勧誘をしたり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約トラブルが多くなってきています。
この事態を深刻にみて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線契約に関して2015年にもクーリングオフ制度導入の方針を明らかにしたのでした。
wimaxの受信出来るエリアですが、少し前と比較をしても凄くエリア拡大が進んでおり、主要な都市部では安定して利用することが実現できました。
地方都市に住まわれている場合、中心街から離れますとまだ不十分ではありますが、行動範囲が決って都市中心なのであれば安心してお使い頂けると思います。
今のプロバイダから別のプロバイダに換えてキャンペーンのキャッシュバックを受領しました。
今度のプロバイダもスピードが速く、動作がサクサクと思ったとおりなので、不便だと感じることはあまりなく、光乗り換えという選択肢は正解だったなと思っているのです。
お得なキャンペーンをやっている期間だったら、プロバイダの変更を検討するのもいいと思います。
知名度の低いワイモバイルの場合、解約する際に発生する解約金を低料金にしたり、契約の期間を短めにしたりしてお試しの期間を利用するようにすれば、契約する数が増えていくかと思います。
安さに魅かれても、1年以上の契約の期間があると、契約にはなかなか踏み出せないものです。