住宅ローンの金利の種類は?

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、自営業の方が自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。
ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利・変動金利があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行から薦められる事はありません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
マイホームの購入を考えていらっしゃる方は多いと思います。
購入する為にはまず住宅ローンを組まなくてはいけません。
銀行や信用金庫、ネットバンクでも住宅ローンをの申し込みが出来ます。
住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。
審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。
ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。
諸費用は色々な物が含まれ、人それぞれですが数百万単位が多いです。
住宅を購入を考えても、実際自分の物になるまでこれらの内容を1つ1つこなしていかないといけません。
一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。
住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をする事により、ローン元金を減らす事が可能ですので、返済金そのものを減らす事ができます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。