下地と仕上げやり方とは?

リキッドファンデーションは、下地がいらないファンデーションと思っている人も少なくないようですが、下地は大切です。
化粧下地は、化粧ノリをよくするだけでなく、ファンデーションの使用量も抑える効果があります。
化粧下地は、均一になるように顔の内側から外側に向かって広げていきます。
パウダーファンデーションを使用する時は、下地の後にコンシーラーを使用しますが、リキッドファンデーションの場合は、ファンデーションを塗った後にコンシーラーを使用します。
コンシーラーはスポンジで伸ばし、そのまま肌になじませましょう。
そして、リキッドファンデーションのフィット感もアップします。
リキッドファンデーションの1番の魅力とも言えるツヤのある肌に仕上げる為には、1つ1つの工程をしっかりと行う必要があります。