借金の督促電話って?

一度でもヤミ金業者から借金したり、クレジットカードの支払を長期間延滞していると、督促電話が来る場合があります。

延滞者は、延滞している負い目がありますので、貸金業者は少しでも支払ってくれるように、あえて電話で督促を行います。

これに対して、延滞者は督促電話を嫌がりますので、これ以上督促されたくないという気持ちから、しっかり返済をするようになります。

一見すると督促電話は、厄介なようにも見えますし、便利な督促手段にも見えます。

督促電話が多用される最大のメリットは、貸金業者が延滞者の声を聞けることです。

不慮の事故や何かの理由で連絡が付かない場合、回収の目途が立たなくなってしまうからです。

確実に返済してもらうように、返済日の目途や金額を直接交渉したり、調整するための大切な手段でもあります。

しかし、電話による督促は、延滞者から見るとありがたいものではありません。

それは、何度も督促電話が掛かってくるだけなく、場合によっては仕事場や自宅、朝方から夜中まで、いつどんなところでも督促されてしまうからです。

もちろん、返済をしなかったり、ヤミ金に手を出してしまったこと自体は問題ですが、過剰な督促電話に悩まされてしまい、精神的に困ってしまう債務者も少なくありません。

いずれにしても、キャッシングを利用する場合には、督促電話が来ることを念頭に入れて、自分が困らないようにしっかりとした返済計画の組み立てと返済を行うことが重要です。