オーバークロックって何?

パソコンを自作する場合、あるいは使っていたパソコンをパワーアップする際に行うのが、オーバークロックです。

これはその製品が本来持っているクロック周波数を超えて動作させるもので、おもにCPUに対して行われます。

CPUの進歩は非常に早く、次から次へと処理速度の速いものが登場しています。

それに伴いソフトもCPUの性能を求めるものが続々と発売されている状況です。

せっかく購入したCPUも、しばらく経つとゲームなどに対応しきれなくなるというケースもあるのです。

そんな場合にオーバークロックが行われます。

新たにCPUを購入すると費用がかかりますし、マザーボードに適応したCPUを選ぶのも面倒なものです。

オーバークロックはより安価に周波数を向上させ、パフォーマンスを向上させることができます。

このオーバークロック、かつてはCPUに使用されているクロックオシレータという部品を取り替えることで行われていました。

そのためパソコンに関する知識がかなり求められていましたが、最近ではBIOS上で行うより簡単な方法ができるようになっています。

これはBIOSの設定でCPUの倍率を変更できるシステムによるもので、これならそれほど詳しいパソコンの知識を持っていなくてもオーバークロックが可能です。

さらに性能の劣るCPUを高い性能を持つCPUと同じFSB(CPUバスの一種)で動作させる方法もあります。

これもBIOSで行うことができるため、広く使用されています。

このように、今あるCPUのパフォーマンスをさらに向上させることができる便利な方法がオーバークロックなのです。

しかし無限に向上することはできませんし、熱効率やマザーボードの性能などが成否に大きく関わってきます。

行う際にはやはりある程度の知識を持っておくことが不可欠となるでしょう。