美容外科でのワキガ治療とは?

ワキガの治療は病院の手術だけではなく美容外科で行う事のできるワキガ治療方法があります。

治療法といっても美容外科で行われる治療は負担が軽く手軽な治療方法を採用しています。

それでは一般的な美容外科で行われている治療についてご紹介しましょう。

〈手術を行わないワキガ治療〉今や手術を行わない美容外科治療の代名詞ともなっている「ボトックス注射」があります。

ボトックス注射といえば“シワを伸ばす”という効果で知られていますが、多汗症やワキガにも効果があります。

ボトックス注射では手術による痛みも無く、手術に比べて低予算でワキガ治療をおこなうことのできるメリットがあります。

ただ、効果は恒久的ではなく、半年程度で効果はなくなってしまうというデメリットも持っています。

〈脱毛によるワキガ治療〉毛を剃るということだけでもワキガ治療には一定の効果があるのですが、脱毛処理では細菌の温床となる毛の除去を効率的に行う事が出来ます。

一般的な美容外科で行われる脱毛は汗腺除去などの根本的な治療ではありませんが、腋毛による臭いの発生を軽減する事ができます。

〈汗腺除去によるワキガ治療〉美容外科で行われる治療の一つに脂肪吸引という治療がありますが、これと同じ技術を利用したワキガ治療も行う事が可能です。

それは、脂肪吸引と同じ要領で汗腺を除去するというもので傷も少なく汗腺除去による根本的なワキガ治療を行う事ができます。

吸引法による汗腺の除去は、切開手術に比べ傷跡や精神的な負担が少ない事で注目を集めています。