結婚相談所デメリット

あなたが登録した希望や条件に近い人を紹介してくれることから、結婚できる可能性が高い出会いが期待できる結婚相談所の利用。

親身になったサポートやきめ細かなサービスなども充実していることから、多くの独身男女が婚活に最適な場として利用していることは、あなたもよくご存知のことと思います。

しかしそんな人気の高い結婚相談所にもデメリットが。

この結婚相談所のデメリットとは何でしょうか。

結婚相談所を利用する際にデメリットとして考えられるのは、何といっても費用がかかるということです。

結婚相談所とひとくちに言っても、タイプはさまざま。

提供されるサービス内容やかかる費用も相談所によってかなりの違いがあるため一概に言うことはできませんが、あなたの希望する条件に近い相手を紹介してくれるデータマッチング型の結婚相談所の場合、会員登録の際に平均数万円から十万円程度の登録料が必要になります。

また月額制の場合は毎月平均1万円前後の会費を、紹介人数に応じた金額を支払う定額制の場合は、その月に紹介された人の数に応じて利用料金を支払うことになります。

こうした費用の支出は、結婚を希望して少しでも結婚資金を貯蓄したい人にとってかなり厳しいものです。

嵩みがちな費用は、結婚相談所を利用する際のデメリットと言えるでしょう。

また多くの結婚相談所では、申し込みからカウンセリングを経てデータ登録を行なうシステムを採用しています。

そのため、入会後すぐに希望に沿った人を紹介してもらえるわけではありません。

少なくとも最初の1〜2ヶ月は審査と手続き、会員登録とカウンセリングなどに時間を取られてしまいます。

すぐにでも良い人と出会いたいと考えている人にとっては、こうしたタイムロスはデメリットとして考えられるでしょう。