ヘアダイ アレルギー

髪染めの1つであるヘアダイは、とても強力な効果がありますが、アレルギー反応が出やすいという問題があります。

最近ではアレルギー反応が出づらいものも作られているようですが、症状が出てしまう方は出るものです。

ヘアダイのアレルギーは、使い続けていくうちに出るようになるというものもあります。

今まで何ともなかったのに、ある日突然アレルギー反応が出るようになってしまうのです。

ヘアダイのアレルギーは、酸化染料のパラフェニレンジアミンという物質が原因で起きるものです。

ヘアダイが皮膚に触れることによって起きるものもあれば、鼻や口からパラフェニレンジアミンが吸収されることによって起きるというものもあります。

体内にパラフェニレンジアミンが入ると、免疫機能によって身体に記憶されてしまい、一生アレルギーが治ることはありません。

ヘアダイを使い続けていてアレルギーが出てしまったら、もう二度とヘアダイを使えなくなってしまうのです。

症状が軽いからと無理やり使いたいという方もいるかもしれませんが、それは百害あって一利なしの行為なので、絶対に止めましょう。

アレルギーが酷くなると、病院での治療が必要なレベルになってしまうので、甘く見てはいけません。

ヘアダイは確かに便利なものですが、使用するリスクのことも考えなくてはいけません。

ヘアダイに限らず、染毛剤によるアレルギー被害は年々増えています。

ファッションのためには便利なものかもしれませんが、健康あってのものだということを覚えておきましょう。