キャリートレード とは?

キャリートレードとは「円キャリートレード」「円借り取引」などとも呼ばれる取引方法です。

キャリートレードとは簡単にいえば安い金利で資金を調達し、高い金利で運用する手法を言います。

日本では長らく超低金利時代が続いています。

そのため銀行預金だけでは心もとなく、資産運用を行う人も増えている状況です。

キャリートレードはそんな円の低金利をうまく活用した取引方法なのです。

もっとも手軽なキャリートレードの方法としては円で資金を調達し、高い外貨を購入するものが挙げられます。

オーストラリアドルなど高金利で知られる外貨を購入すれば高い利息を得ることができます。

外貨預金はもちろん、FXにおけるスワップポイントでの利益など、さまざまな方法で利益を上げることができます。

このキャリートレードは円で資金調達をして海外の商品を購入することになります。

さらにはさまざまな取引を行っていく課程で海外商品を売る機会も増えてきます。

そうなると海外商品が売られる一方、円がどんどん買われていくという状況が起こることになります。

それが近年の円買いによる円高の原因とも言われています。

このキャリートレードはとくに海外のファンドによって多く行われているといわれており、日本の低金利をビジネスの手段として狙っている投資家が世界中にいる状況となっているのです。

それだけに、キャリートレードは日本人にとっても有力な投資手段となるわけですが、一歩間違うと、日本経済に大きなマイナス要因をもたらす可能性も秘めている手法でもあるのです。

このキャリートレードが今後日本の市場動向にどのような影響を及ぼすのかという点にも注目が必要でしょう。